おおさかの「コト」
Vol.01

ライフスタイル

様々な視点から
大阪のライフスタイルをご紹介。

大阪は西日本エリアの代表として、度々、東日本の代表である東京と比べられることがあります。これから就職活動や転職活動をはじめられる人、都会で働きたいと考えている人にとっては、東京で働くか?大阪で働くか?は大きな悩みどころではないでしょうか。
そこで、今回は「働くこと」はもちろん、生活に欠かせない住環境や交通・アクセスなど、様々な視点から大阪でのライフスタイルをご紹介します。

アイデアと行動力で
勝負したい人には、
オススメの環境があります。

東京は日本の首都であることはもちろん、政治や経済、情報発信の中心でもあり、世界的に有名な大企業も新進気鋭のベンチャー企業も、その多くが東京に本社を構えています。『働くこと』に重きを置くと、『東京で働きたい!』『ビジネスは東京で!』と考える人が多いかもしれませんね。

しかし、大阪に本社を構える企業の中には、大阪を拠点に日本全国、そして世界に向けてビジネスを展開する企業もたくさんあります。東京と比べると会社の数では負けているかも知れませんが、その分、任される仕事の幅も広く、若手のうちから責任ある仕事やポストに就いている人が多いことも大阪の特長です。成長したいと考えている人、アイデアと行動力で勝負したい人には、オススメの環境がありますよ。

大阪の街並み
大阪の街並み

通勤も徒歩圏内?!
抜群の立地で、
仕事もプライベートも充実!

就職を機に一人暮らしをはじめるという人が最も気になるのは、暮らしに欠かすことができない住居費。調べによると、大阪の一人暮らし用マンションの平均家賃は4.7万円。対して東京は同様のもので、6.9万円。2万円強の差があります。ちなみに、大阪で7万円の家賃は、最も高い区画である大阪市中央区や北区での賃貸に相当します。中央区・北区ともにビジネスの中心地。非常に多くの企業が集まっていることはもちろん、梅田や難波といった繁華街にも隣接しています。通勤もプライベートも徒歩や自転車で、という抜群の立地で生活を充実させることができます。

京都・神戸・奈良・・・
関西の多彩な文化に触れる。

次は大阪の『交通・アクセス』。大阪随一の繁華街・梅田や難波をはじめとした主要エリアには、JRはもちろん、阪急電鉄、阪神電鉄、近鉄電車、京阪電車、地下鉄が乗り入れており、東西南北どこからでもアクセスできることが特長です。
また、京都や奈良、神戸にも大阪市内から30分~1時間程度で行くことができることも大阪の魅力だと考えています。京都・河原町に足を伸ばし、古き良き街並みを探索するも良し。神戸・元町で港をバックにおしゃれな雰囲気に浸るのも良し。
関西の多彩な文化に触れることができるのも大阪ならではの魅力です。

京都府 祇園
京都府:祇園
兵庫県 神戸ポートタワー
兵庫県:神戸ポートタワー
奈良県 東大寺
奈良県:東大寺

すべてが「ちょうどいい!」
大阪のライフスタイル!

最後に大阪のビジネス街・本町で働くM君のライフスタイルをご紹介します。
M君が住居を構えるのは、会社のある本町から自転車で15分ほど東に行った谷町。
谷町はオフィスビルと住宅が共存する稀有な場所で、夜は都会とは思えぬ静けさがあります。加えて、近くには自然豊かな大阪城公園。予想外の環境の良さに東京出身のMくんは驚きました。
また、本町や谷町は大阪の中心部に位置するため、繁華街である梅田や難波へのアクセス抜群(どちらも10分で行ける距離!)。終業後は同僚と食事に出掛けたり、休日はショッピングを楽しんだりと仕事もプライベートも充実した日々を過ごしています。
『東京にも様々なスポットがありますが、街と街が離れているため、電車を乗り継いで目的地に向かわなければなりません。その点、大阪は自分の行動範囲に欲っするものがすべてある。自分にとって「ちょうどいい!」街ですね。』と話すM君。大阪ライフをしっかり満喫しているようです。

ページの先頭へ戻る